教育をすることが難しい人がいた場合

一般的なマナーや常識は子どもの頃から習得をするものなので、教えてもらうことが出来ないと非常識な人と考えられてしまいます。
学校にいる間はまだよいですが、社会人になった時に困ることが多くなってきます。
しかも本人は全く気付かず、周りの人が迷惑に感じてしまうということがあります。
大人になってからのマナーに関する教育は習得をさせることが困難です。
しかもある程度の年齢になってしまうと、そこから自分の考えを変えることが難しくなってしまいます。
例えば、謝罪をするということや自分の意見や気持ちを押し通すのではなく、その場に応じてどういう対応をしたらいいのか、ということを考えることが出来ないという人もいます。
それが若いうちに修正をしなければ、その人よりも周りの人や就業をした企業に迷惑になってしまいます。
場合によっては企業のイメージを壊してしまう、評判を悪くしてしまうということもあるので、マナーを習得させる教育は必要です。